スポンサーリンク

【米中問題】中国 トランプとの長期交渉に疑問との報道でクロス円? 豪ドルを中心に下落、但しドル円はそこまで反応せず【10月31日(木) 18:20-】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドル円下落、長期的な通商合意について中国が疑問視と報じられる=ロンドン為替

ドル円下落、長期的な通商合意について中国が疑問視と報じられる=ロンドン為替

 ブルームバーグが「中国、トランプ大統領との長期的な通商合意について疑問視」と応じている。これを受けて、円買いの反応が広がっている。ドル円は108.35レベルまで一時下落。ユーロ円は121.05レベル、豪ドル円74.85レベルなどに本日安値を広げた。ポンド円は140.30近辺まで反落し、ロンドン序盤の買いを帳消しにしている。

ドル円下落、長期的な通商合意について中国が疑問視と報じられる=ロンドン為替 - ニュース・コラム - Y!ファイナンス
ドル円下落、長期的な通商合意について中国が疑問視と報じられる=ロンドン為替  ブルームバーグが「中国、トランプ大統領との長期的な通商合意について疑問視」と応じている。これを受けて、円買いの反応が広が...

10/31 18:23 Yファイナンスより引用

 

 

 

みんかぶFX様よりチャート引用

 

クロス円というわけでは無く、豪ドル、ユーロ、ポンド、NZだけ下げてますね。ドル円はすでに昨日から下げ始めてたからかもしれませんが。

コメント