セントルイス連銀総裁の「0.25%の利下げが好ましい」との発言により再びドル高へ【7月20日(金) 27:00】

スポンサーリンク

セントルイス連銀総裁 7月FOMCでは0.25%の利下げが好ましい

ブラード・セントルイス連銀総裁の発言が伝わっており、「7月FOMCでは0.25%の利下げが好ましい」との見解を示した。

・7月FOMCでは0.25%の利下げが好ましい。
・バランスシート縮小を早期に終了する必要性は見ていない。
・0.25%の利下げでも先手の行動になる。
・雇用や小売の指標は好調だが、景気減速の状況。
・イールドカーブの上向きを見たい。
・7月は利下げを遂行する必要。その後も必要かもしれない。

セントルイス連銀総裁 7月FOMCでは0.25%の利下げが好ましい - ニュース・コラム - Y!ファイナンス
 ブラード・セントルイス連銀総裁の発言が伝わっており、「7月FOMCでは0.25%の利下げが好ましい」との見解を示した。 ・7月FOMCでは0.25%の利下げが好ましい。 ・バランスシート縮小を早期...

7/20 03:04 Yファイナンスより引用

 

米2年債利回りが低下 7月FOMCは0.25%の利下げが濃厚か=NY債券概況

米国債利回り(NY時間16:36)
2年債   1.816(+0.060)
10年債  2.048(+0.024)
30年債  2.576(+0.012)
期待インフレ率  1.791(+0.027)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で利回りは上昇。NY連銀が前日のウィリアムズ総裁の発言の火消しに回り、また、7月FOMCは0.25%の利下げが好ましいとのFRB高官の発言も伝わっていたことから、0.25%が濃厚となり、利回りは上昇している。

 10年債は2.06%付近まで一時上昇し、政策金利に敏感な2年債も1.83%まで一時上昇。

 2-10年債の利回り格差は23(前日27)に再びフラット化している。

米2年債利回りが低下 7月FOMCは0.25%の利下げが濃厚か=NY債券概況 - ニュース・コラム - Y!ファイナンス
米国債利回り(NY時間16:36) 2年債   1.816(+0.060) 10年債  2.048(+0.024) 30年債  2.576(+0.012) 期待インフレ率  1.791(+0.027)...

7/20 05:41 Yファイナンスより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント