ドル円108.80台まで上昇、雇用統計の結果受けた流れ継続か【7月8日(月) 】

スポンサーリンク

強い米雇用統計を受けての流れ続く、ドル円は108.80円付近まで戻す=NY為替概況

 きょうのNY為替市場はドル買いが優勢となり、ドル円も買い戻しが優勢となった。先週の強い米雇用統計を受けての流れが続いており、今月末のFOMCでの利下げ期待が後退しているようだ。

ログイン ‹ FX情報まとめ — WordPress

Yファイナンスより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント