ポンド、離脱延長に難色示す国があるとの報道が原因か60~70pipsの下落【3月18日(月) 17:00~】

スポンサーリンク

 

 

 

google翻訳:ドイツのマース外相:激しい非難に遭遇する前にもう一度協議をする価値がある

google翻訳:イギリスの保守的な議員Rees-Mogg:いいえ取り引きは悪い取り引きよりよいが、悪い取り引きはEUにとどまることよりよい

 

【要人発言】独内相「ブレグジット期限延長の要請の承認は難航」

ドイツ内相
「英国のブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)期限延長の要請に反対する国があり、説得することは困難なことで承認は難航する見込み」

https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20190318-00000034-dzh-fx

トレーダーズ・ウェブ – 3/18 18:21

 

英EU離脱延長にイタリアなどが難色示す可能性も=ロンドン為替

独政府高官によると、英EU離脱期限の延長について、イタリアなど複数の国が反対姿勢であるとしている。また、明日の開催が期待されている3回目のメイ政権案に対する英下院採決についても不透明感が広がっている。

ポンド売り圧力が優勢。ポンドドルは1.3237レベル、ポンド円は147.59レベルに本日安値を更新している。

英EU離脱延長にイタリアなどが難色示す可能性も=ロンドン為替 - ニュース・コラム - Y!ファイナンス
英EU離脱延長にイタリアなどが難色示す可能性も=ロンドン為替  独政府高官によると、英EU離脱期限の延長について、イタリアなど複数の国が反対姿勢であるとしている。また、明日の開催が期待されている3回...

みんかぶFX – 3/18 18:33

 

ポンドドル1時間足

ポンド円1時間足

★よかったら↓のボタンからTwitter,Facebook,はてブ,Lineでシェアお願いします!

コメント