ユーロドル1.14800台から1.13800まで急下落、イタリア予算案懸念が原因か

スポンサーリンク

 ユーロドルは1.1379ドルまで下げ幅拡大。ユーロ円は128.37円前後で弱含み。ユーロ売りの背景として、サルビーニ伊副首相兼内相が予算案修正を否定したこと、ユーロ圏10月の製造業購買担当者景気指数(PMI)の低迷、米10年債利回りの上昇など。

ユーロドル1.1379ドルまで下げ幅拡大、イタリア予算案懸念とユーロ圏景況感悪化 (Yファイナンス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・同値撤退との為Sということだと思いますがユロルが1.13台になったのは2017年7月以来の為、事実だとすると1.25台も持っていたことになり1枚ポジっていただけでも-12万近く含み損を抱えていたことになります。。。

↓参考チャート

 

コメント