今日のFXチェックポイントまとめ(2018年10月26日(金))

スポンサーリンク

2018年10月26日(金)

 

重要経済指標・イベント                 

 

23:00 EU ドラギECB総裁発言 注意:ユーロドル、ユーロ円、ドル円等

 

その他指標の詳細はコチラのページで↓↓

2018/10/26 発表予定経済指標 (FX重要経済指標通知システム)

経済指標カレンダー-Y!ファイナンス(yahoo!ファイナンス)

 

 

ニュース・市況等                    

 

ユーロドル 失速、1.14ドル割れ (Y!ファイナンス)

 

[フランクフルト 25日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)は25日の理事会で、主要政策金利の据え置きを決定した。成長見通しが悪化したと認める一方、景気の下支えを目的とした2兆6000億ユーロ(29億7000万ドル)規模の量的緩和(QE)について予定通り年内に終了する方針を確認した。来年の夏場以降の利上げにも引き続き含みを残した。

ECB、年内のQE終了方針を確認 保護主義など巡り「多大な不透明感」 (ロイター)

 

トルコ中銀:政策金利を24%に据え置き、大方の予想通り-リラ上昇 (Bloomberg)

 

注目テーマ                       

 

[ロンドン 24日 ロイター] – 世界の株式市場で強気相場が終わったかどうか判断する場合、今年これまでの主要指数の表面的な動きを見ても、実態は把握できないかもしれない。

米S&P総合500種.SPXはなお過去最長の強気局面を維持し、MSCI世界株指数.dMIWD00000PUSは貿易摩擦や中国経済の減速懸念があっても、下落率はまだ5%にとどまっている。

焦点:世界株式市場、すでに「弱気相場」入りか (ロイター)

 

ECBのイタリア支援、EUによる救済が先決=ドラギ総裁 (ロイター)

 

<最近話題のテーマ:備忘録>

トルコリラ通貨安、トランプ、貿易戦争、米中間選挙、伊債務問題、ブレグジット、サウジ領事館事件、世界同時株安

 

昨日チャート(1時間足)                   

 

コメント