スポンサーリンク

管理人の「FXでたった1つのこれをやったらちょっぴり勝てるようになったこと」 まとめ

 

挨拶

FXトレーダーの皆さんこんにちは。管理人です。

この記事はこのサイトの目的の1つであるFXをやっていて何をやっても勝てない、どうやったら勝てるの??という沼にはまってしまっている方向けに管理人の体験談からコレがちょっぴりでも勝てるようになったコツではないだろうかというたった1つの事をお伝えしたいと思います。

ご覧いただいた方に少しでも、ほんの1pp分でもお役に立てばと思います。

*注意、具体的な手法の類は一切記載しておりません。

 

目次

  1. 管理人自己紹介
  2. 管理人の失敗したトレード手法
  3. 管理人の「たった1つのこれをやったらちょっぴり勝てるようになったこと」→それはバックテスト

 

 

1.管理人自己紹介

まずは私自身の簡単な自己紹介をしたいと思います。

私は現在会社員をしながらFXトレードをしている兼業トレーダーです。

FXは2014年のチャイナショック前後から始めて今で5年目位になります。会社員を初めて3年目辺りで給料増えないし責任やら面倒だけ増えて残業代削減などで給料だけ減っていき、会社員って実はリスキーかつコスパ悪い稼業なのでは??と考えたのがFXを始めたきっかけでした。

 

それはともかく肝心の私の成績はどうかというと、およそ月あたり-170pp~+300ppで月平均は現在で+92ppというところです。安定して勝てるようになったのはごく最近で、手法はユーロドルの1時間足でEMA(指数平滑移動平均線)をメインに行うスイングトレードです。

 

なので現在の成績もたまたまの産物でまた少しすると勝てなくなってしまうかもしれませんので、その程度の人物が書いている内容ということも踏まえてお読み頂きたいと思います。

ただ最初の2年近くは何回も退場をしていましたが3年目以降のここ2年は想定外に資金を減らすことは無く5年目にしてしっかり勝ちだしたのでその程度には信用をしていただける内容だと思います。

 

 

2.管理人の失敗したトレード手法(と悩んできた内容)

こんな記事を書いている管理人ですがFXを初めて4年間で退場歴は覚えているだけでも2桁は軽く超えています。記憶に残っている失敗手法を箇条書きで下記に示したいと思います。

  1. 雇用統計両建て手法
  2. ドル円1pp利食い10pp損切り勝率100%作戦
  3. アホールド両建て作戦
  4. ドル円1時間足ゴールデンクロス手法
  5. ユロル5分足MACDクロス手法

いくつか解説をしてみると

まず1つ目の雇用統計両建て手法。

雇用統計では大きく動くことが多いので買いと売り両方に掛け損切りを10pp~20pp位に設定しておけばどっちに動いてもその差額分が100%儲かるというものでした。これは管理人が100%の勝利を確信し頑張って貯めた投資用資金の全額12万円を初回僅か5分で溶かした手法です。

 

1~3までは論じるまでもないようなギャグのような内容ですが4番はドル円の1時間足で移動平均線を使い短期線が長期線をクロスしたらエントリーという最もメジャーな手法。5番もそれのMACDというインジケーターを使ったパターンです。

そういったメジャーな手法に手を出すもなかなか結果は出ませんでしたし、何よりわからないことが多過ぎました。

・損切りをどう設定すべきか

・利食いをどうするべきか

・どの通貨ペアがいいのか

・時間足はどれがいいのか

・資金管理ルールはどうすればいいか

・インジケーターのパラメーターはどうすればよいのか

・ナンピンしていいのか、ピラミッティングしていいのか、等々・・・

 

書籍やネットで勝ってそうな人の記事を見て実践してみると有効な時もあればそうでない時もあったり、かたや適当にトレードしても勝てる時があったりと何を信用してよいかもわからなくなります。

 

そんな悩みに明確に答えを出してくれて、結果にもつながるものが今回ご紹介する方法・・・たった1つのこれをやったらちょっぴり勝てるようになったことバックテストです。

 

 

3.たった1つのこれをやったらちょっぴり勝てるようになったこと→それはバックテスト!

 

だらだらと前置きを書いてしまいましたがこの記事の結論としてはコレ、バックテスト・過去検証です。

 

しかもいわゆる自動で計算してくれるプログラムやソフトを使ったバックテストでは無く自分自身で直接生のチャート・ローソク足やインジケーターを見て自分のルール、手法を検証していくバックテストです。しかも試行回数は最低100回はやることです。

デモで1ヶ月は試すというような意見もありますがそれよりも効果があるのがバックテスト100回です!

 

そしてその時に最低でも

平均損益pips

勝ちトレード平均損益

負けトレード平均損益

リスクリワード(↑の勝ちトレード平均損益÷負けトレード平均損益)

勝率

は割り出すようにもらえたらと思います。

 

ここまでやってもらうと上述した種々の疑問である損切り、利食い、資金管理等々は自ずと見えてくると思います

 

例えばドル円の5分足でやってみると、移動平均線メインなら損切りは5pp~10ppとか利食いなら15-20pips辺りが妥当といった所ではないでしょうか。勿論どんな手法をとるかにもよるので一概には言えませんがドル円5分足のチャートを実際に見ていただくと的を外していないことはわかると思います。数をこなし実際の過去の動きを何10回も見ていくことで妥当なラインが見えてきます

 

ただ問題が1つありFX会社のチャートでは過去検証が殆ど出来ないということです。せいぜい5分足で3,4日分、1時間足でも2週間から1ヶ月分も見れればいい方かと思います。

そこで紹介したいのがこの記事で紹介したinvesting.comtradingviewです。どちらも無料のサイトでブラウザ上で膨大な過去チャートを参照出来て、特にinvestingなら5分足なら最大8か月分、1時間足なら2年半近くのデータを見ることが出来るため100回と言わず200回300回と見て精度を高めることが出来ます。

 

そうやって最低でも100回は過去のチャートをめくって自分の手法の統計を取っていけば毎回のトレードで損切りをどこですべきか、利食いはどこですべきかなどと迷ったり一喜一憂することも無くなってきます。ただ自分の過去検証に裏打ちされたルールで淡々とトレードしていくだけでほぼ予想した結果に近づきます

 

私の場合は検証の大切さは色んな書籍や文章などから耳タコではあったのですが上記のサイトを知るまではFX会社で見れる僅かな過去分で検証しておっかなびっくりやるというパターンで、上記サイトを知りバックテストを十分にやるようになってからはちょっぴりどころか結構勝てるようになり成績も改善しました。逆にこの過去検証させづらいことこそFX会社の企みじゃないかとも邪推します。

なので今の時点で色々と試してきたけどまだ勝てていないという方は単純にバックテストの試行回数が足りていないだけなのかもしれません。

 

なので何かないのかとお探しでしたら騙されたと思って1つバックテスト100回はいかがでしょうか?

 

おまけ

管理人がバックテストするときに使うサイト3つ。

過去チャート → investing.com

過去の指標チェック → FX重要経済指標直前通知システム (羊飼いさんのサイト)

検証記録用の無料のエクセル → googleスプレッドシート

検証中のエクセルです。参考までに

 

あとこの記事のきっかけ

FXでこれをやったらちょっぴり勝てるようになった事のまとめ (FXで何やっても勝てなくて、やったこと 様)

 

皆さんに爆益がありますように!!

 


☆FX情報まとめ のお気に入り登録、ツイッターフォローお願いします!
コメントもお待ちしています!お気軽にどうぞ!


 

コメント