11月6日に迫った米中間選挙まとめ~前回2014年のドル円とユーロドルのチャート調べてみた

スポンサーリンク

来週日本時間11月6日の夜から4年に1度のアメリカの中間選挙が実施されます。

各サイトの情報と前回の中間選挙の際のチャートはどうだったのかを調べてみました。

 

概要ー中間選挙とはー     

4年に1度行われる公職選挙のこと。米大統領の1期4年の半分2年が過ぎた時点で行われるため中間選挙と呼ばれる。11月第一火曜に行われ、第一火曜が11月1日の場合は11月8日に行うもの。今回は第一火曜である11月6日に行われます。 (wikipedia等下記サイト参照)

実際の動きとしては日本時間11月6日の夜から投票開始で現地の夜には大勢判明するので日本時間では11月7日の昼頃に結果が出るかと思います。

 

見通しは?     

関係者や各識者の見通しは野党が過半数を獲得する見通しでいわゆる「ねじれ」議会になりそうとのことですが、実際の所、それによるその後の相場の見通しを立てるのは不可能なのでファンダメンタルズ派の方は下記サイトを参考にしていただければと思います。

 

参考サイト

中間選挙 Wikipeia

アメリカの中間選挙2018 NHK news WEB

6日の米中間選挙で大半の議席が改選へ なぜこれが重要で誰が勝つのか? スプートニク

米中間選挙前の週末 トランプ氏・オバマ氏が最後の訴え CNN

アメリカ中間選挙後は市場の動揺が頻発する 東洋経済

「若者は、投票しないで」米中間選挙で高齢者が呼びかける広告が話題  HUFFPOST

“トランプ政治”の是非は・・・米中間選挙は混戦模様(18/11/04) youtube ANNnews

 

 

前回のチャートの動きはどうだったのか??     

 

コレです。

前回の中間選挙は2014年の11月4日。ドル円とユーロドルのチャートを日足で拾えたので載せました。残念な事に私の愛用するinvesting.comを以てしても1時間足や4時間足では4年前のチャートは出せませんでした。

で、結論的にはそんなに動かなさそうです。勿論結果次第ではあると思うのですが、世界のアメリカの中間選挙ともなれば数年前の雇用統計同様結果が無くても動きそうなものですが、実際のチャートはドル円では4日の安値113.15で高値が114.06の終値113.60、で結果が出たであろう翌日の高値114.86とあるのでドル円は多めに見積もっても最大幅は120pp、ユーロドルは4日の終値1.2546翌日の安値1.2457とこちらも最大幅100pp程、どちらも2日間で行ってこいしているだけとなっていますのでデイトレ勢としては余程のサプライズが無い限り警戒しなくてもよいかもしれません。

 

 

来週も皆様に爆益がありますように。

 

コメント