FOMC政策金利とトランプ大統領発言「利上げに不満」

スポンサーリンク

26日の深夜3時FOMCの政策金利発表が行われました。

またその後早朝にかけて国連等に伴い各国との首脳会談が行われトランプ大統領の発言がありました。

 

米連邦公開市場委員会(FOMC)は26日、経済・金利見通しを発表。2018年にあと1回の利上げ(合計4回)、19年に3回、20年に1回の利上げを想定している。利上げ回数については前回と同じ。

FOMC経済・金利見通し、2018年にあと1回(合計4回)の利上げを想定 (yahoo!ファイナンス)

市場の予想通り「利上げ継続」の内容。

 

トランプ大統領は、FRBが今年3回目の利上げを実施したことに対し不満を表明した。

トランプ大統領はFRBの利上げに不満 (yahoo!ファイナンス)

 

 

↑は1時間足、ユロルはFOMC前に下げて直前で全モするという動き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・FOMCは皆さんいかがでしたでしょうか。

豪ドルが少し反応したものの結局どの通貨も行ってこいで変わらずという結果でした。

またトランプ大統領が利上げに不満を示しており、他にもカナダへの貿易戦争をしかける様子も見せていました。

・・・この大統領が中央銀行に対して不満を表す構図というのは少し前に見た記憶があるのですが気のせいでしょうか。

 

ちなみに管理人はユーロドルトレーダーなんですが直前でSサイン出たのでSしたにもかかわらず全モで狩られ、その後のFOMCの結果は行ってこいで無駄損した感が強く非常に遺憾でございます。

 

スポンサーリンク

☆FX情報まとめ のお気に入り登録、ツイッターフォローお願いします!
コメントもお待ちしています!お気軽にどうぞ!

コメント